No Name Blog

名前も中身もない雑食流浪ブログです。中の人はiPhoneとApple製品が大好きなアラフォー沖縄県民。

ワンコインでiPhoneの容量不足を解消する方法(音楽編)

スポンサーリンク

 

f:id:nonameblog:20150220115504p:plain

SDカード等の外部デバイスが使用できないiPhoneユーザーの悩み、それは容量不足。写真や動画などはDropboxを利用した容量不足解消法が有名ですが、今回は音楽データのお話。

  

真っ先に思いつくのがApple公式サービスのiTunes Matchですが、個人的に年額3,980円かかるというところがネック(笑)

無料サービスを使うとなると、AppleのライバルであるGoogleが展開するGoogle Play Musicですかね。ただし、日本国内からは登録できないので、ゴニョゴニョして米Googleのアカウントと連携しなければ使えません。しかも現在はクレジットカード登録も必須とのことなので却下。

 

そこでオススメするのがBox.comです。

Box for iPhone and iPad

Box for iPhone and iPad

  • Box, Inc.
  • ビジネス
  • 無料

 

正直日本ではあまり馴染みの薄いストレージサービスですし、Boxという名前のせいでDropboxと間違われやすく検索エンジンにも引っかかりにくいというなんともあれなサービス()ですが、海外では特に企業向けオンラインストレージサービスとして高い評価を受けています。

 

無料で10GBの容量がもらえるという点もオススメするメリット。(ごくたまーに50GB増量キャンペーンなどもやってますが)MP3データ1曲あたり5MBと単純計算しても、10GBのストレージに2000曲保存出来ることになります。

わたしは、写真はDropbox音楽はBoxと使い分けていますので、容量的には無料の範囲内で充分やりくりできています。

 

また、Boxアプリ単体でもクラウド上に保存した音楽データを聞くことは可能ですが、利便性を考慮してクラウドミュージックプレイヤーアプリCloudBeatsの導入もぜひオススメします 

CloudBeats - クラウド音楽プレイヤ

CloudBeats - クラウド音楽プレイヤ

  • Willengale Solutions Ltd.
  • ミュージック
  • ¥500

 

記事タイトルのワンコイン(500円)の由来はこのアプリへの投資です。

 

クラウド専用の音楽プレイヤーアプリであるCloudBeatsは、バックグラウンド再生オフライン再生、さらにアルバムアートワークの表示にも対応している優れものです。mp3だけではなくm4awavflacに対応しているのも◯

 

また、ストレージサービスはBox.comだけでなく、DropboxOneDriveMediafireownCloudGoogle Driveにも対応していますので、2000曲では足りない!という方でも他のストレージサービスを併用してやりくりしてみてはいかがでしょうか。box+Cloudbeatsで快適なミュージックライフを♫

 

 

広告を非表示にする