No Name Blog

名前も中身もない雑食流浪ブログです。中の人はiPhoneとApple製品が大好きなアラフォー沖縄県民。

SEALDsは支持政党(或いは支持議員)を明確にせよ

スポンサーリンク

f:id:nonameblog:20150826163823j:plain

 

安保法案審議の最中、巷を賑わせているSEALDs(シールズ:Students Emergency Action for Liberal Democracy - s/自由と民主主義のための学生緊急行動)なる団体がある。

翁長県政誕生以後、オール沖縄をはじめとした革新勢力の巣窟と化している沖縄県においても、上記の派生団体SEALDs RYUKYUが発足しちゃったので、居ても立ってもいられず記事書いてしまいます。

  

このSEALDsという団体、極東ブログのFAINALVENT'S氏が言及されているように、当初は私もシングルイシューのデモ団体だと思っていました。

SEALDsについて少し思った: 極東ブログ

 

ただ現在の活動や各地で派生団体が誕生する状況を見る限り、安保法案のみならず、原発問題、辺野古移設問題、ヘイトクライム問題、さらには反安倍政権と、シングルイシューどころかさながら反政府活動の様相。

 

特定の政策や法案に的を絞ったアクションであれば現在の形でもよろしいかと思いますが、「打倒!安倍政権!」などと反政府的なアクションをするのであれば安倍政権後を提示するのが筋ではないかと。

 

結局何が言いたいのかというと記事タイトルのとおり

 

SEALDsは支持政党(或いは支持議員)を明確にせよ

 

ということ。そうしないと無責任じゃないかと私は思うのです。

 

安倍政権打倒!→でもその後は知らん」ではなく、「安倍政権打倒!→◯◯党による政権を支持します!」というのが、議会制民主主義を採用しているこの日本における政治活動ではないかと思います。

中の人たちは頻りに「特定政党との結び付き」を否定していますが、下記のツイートをご覧ください・・・

 

 

 

 

 

共産党民主党社民党、生活の党などなど、いい大人が若者に擦り寄っておりますよ。結局直接的な繋がりはないけど「反安倍」の旗印の元に共闘しているというのであれば、尚更政党でもなんでもないSEALDsを支持する必要性が正直見いだせない。だから

SEALDsは支持政党(或いは支持議員)を明確にせよ

 じゃないと60年70年安保闘争時代から進歩のない、ただのファッション左翼だ。それができないなら、安保法案反対を安倍政権打倒という目的のための手段にすり替えるのはやめよう。

 

総括せよ! さらば革命的世代 40年前、キャンパスで何があったか

総括せよ! さらば革命的世代 40年前、キャンパスで何があったか

 

 

広告を非表示にする