No Name Blog

名前も中身もない雑食流浪ブログです。中の人はiPhoneとApple製品が大好きなアラフォー沖縄県民。

あの靖国神社へ参拝に行ってきました

スポンサーリンク

新年あけましておめでとうございます。

本日は旧暦の1月1日です。沖縄では旧正月を祝う地域もありますのでまずは新年のご挨拶から。

 

さて、タイトルにあるとおり昨今話題のあの靖国神社へ行って参りました。

いちおう先に断っておきますが、私は右翼でも何でもありません。

祖父が先の大戦で戦死しており、靖国神社英霊として祀られているため参拝した次第です。ですので、左々の皆々様ここはひとつ穏便にお願いしますねw

 

本題に戻ります。

 

自分でも不思議なのですが、せっかく東京まで行くんだから靖国へ行ってみようかと急に思い立ちまして。個人的には祖父が何か俺に言いたいことでもあったのか、はたまたたまには顔出せよとでも言いたかったのかと思ったり、そんな不思議な感覚で今回の参拝にいたります。

 

大手町から東京メトロに乗り九段下駅下車。見覚えのある坂を登りきりいざ靖国神社へ。1月末ともなるとさすがに初詣の雰囲気もないし、右の方も左の方もいない至って穏やかな靖国です。

 

第一鳥居、第二鳥居、第三鳥居と順にくぐって行く中、その都度自然と頭を下げる俺。決して戦前の国家神道に心粋しているわけでもなく、先の大東亜戦争を肯定するわけではありませんが、今の日本がここに祀られている祖父を含めた英霊の方々の尊い犠牲の元に成り立っているのは事実。そういう意味での行動であることをご理解いただきたい。

 

さて第三鳥居をくぐりいざ拝殿へ。賽銭箱へ賽銭を入れ祖父に参拝。黙祷をしながら心の中で現在の家族の状況を説明したり、祖父への感謝を述べたりして任務完了。

 

と思ったのですが、ここで帰るのもあれだからせっかくなので「昇殿参拝しよう(提案)」と思い、さっそく個人参拝受付へ。

 

戦争遺族であることを告げ玉串料を納めて受付をすませしばし待機。参拝者待機所には俺一人。ドキドキしながら待ってると巫女さんに呼ばれて廊下へ。そこで待っていた神職の案内でまずは手水を取る。

手水の作法はいちおう心得ていたので緊張しながらも滞り無く済ませれた・・・はず。

歴代の閣僚が参拝する度に写真に撮られる例の廊下をとおり、途中でお祓いを受けた後にいざ本殿へ。

 

本殿内に神職と私の二人だけ。祝詞が本殿内で反響し、荘厳な本殿がより一層深みを増す。祝詞奏上は正直何を言ってるかわからないけど、時折聞こえる戦争とかお国のため的な言い回しから判断する限り、先の大戦で国の為に命をとして戦った祖父に対するものだなと感じました。

 

玉串の作法もいちおう心得ていたので緊張しながらも捧げ、二拝二拍手一拝。最後に黙祷をし祖父への感謝を告げ滞り無く参拝を執り行っていただきました。


帰り際にお神酒をいただき、撤下品もいただきました。神菓(たぶん羊羹)とお札が入ってました。

f:id:nonameblog:20140131221109j:plain

はい。靖国参拝の記事なのに、写真はこれだけですw
靖国の雰囲気に圧倒されたこともありますし、本殿に向かって歩きながら祖父はどんな気持ちで戦場へ行ったのだろうかと思いを巡らせていたら、写真を撮るのをすっかり忘れておりました(^_^;)

今回の参拝を祖父は喜んでくれただろうか。おじいちゃん、あなたのおかげで家族は幸せに暮らしております。ただただ感謝です。
広告を非表示にする