No Name Blog

名前も中身もない雑食流浪ブログです。中の人はiPhoneとApple製品が大好きなアラフォー沖縄県民。

まさかの移植。ニンテンドー3DS版「パズドラZ」は12月12日発売

スポンサーリンク

f:id:nonameblog:20130827163521p:plain

大人気ゲーム「パズドラ」3DS版 12月12日発売

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130827-00000087-spnannex-ent

 大人気スマートフォン向けゲーム「パズルアンドドラゴンズ」の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」用ソフト版「パズドラZ」が12月12日に発売される。発売元の「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」が27日に都内で開いた記者会見で発表した。

 

 価格はパッケージ版4400円、ダウンロード版4000円となっている。プロデューサーの山本大介氏は「スマホ版からの移植と言われるのが嫌だった。モンスターのアニメーションは2Dにしてスマホ版の柔らかさを再現しました」と出来栄えに胸を張った。

 

 通称「パズドラ」は、パズルゲームと謎解きの要素を組み合わせたスマートフォン向けゲームとして昨年2月に配信開始。手軽な操作と奥行きのあるストーリが受けて幅広い世代で大ヒット、国内だけで累計1800万ダウンロードを突破した。今年5月には同社の時価総額を1兆7851億円にまで押し上げ、ゲーム業界の老舗「任天堂」(1兆5371億円)を上回ったことでも話題となった。

 

 2011年9月の開発段階からハード向けソフトとしても考えられていたという。漫画誌「月刊コロコロコミック」12月号から同ゲームを題材にした連載もスタートする。ゲームのオープニングテーマを歌うタレントの中川翔子はすでにデモ版をプレイしたといい「まったく違う感覚。画面がド派手、倒すのがもったいないぐらいかわいいモンスターもいました」と感想を語った。

 

「需要はあるのか?」「スマートフォンだからこそ流行ったのでは?」というのが世間の風潮ですかね?

パッケージ版4,400円、ダウンロード版4,000円という価格設定も微妙^^;あと「油断するな!DLCで課金する新たな手口に違いない!」という意見もありますw

 

果たしてポケモンの牙城を崩すことが出来るのか!?良くも悪くも年末商戦の注目タイトルです。

 

パズドラの破壊力―週刊東洋経済eビジネス新書No.15

パズドラの破壊力―週刊東洋経済eビジネス新書No.15

広告を非表示にする